ニキビ跡の種類や治療について

ニキビ跡とは肌に出来たニキビの炎症や傷または色素沈着によるシミの事やそのニキビを潰してしまう事で出来る窪みの事です。

ニキビ跡が出来てしまう多くの原因としてはニキビを自分で潰してしまう事にあります。そうして潰してしまった肌にはクレーターと言うものが出来てしまいます。

クレーターは毛穴の周囲に強い炎症が起こり、真皮のコラーゲン組織が破壊されて窪んでしまった状態の事です。

このクレーターの状態になってしまうと病院以外では治す事が困難になってしまうので、出来るだけニキビは潰さない様にした方が良いです。

もしもクレーターの状態になってしまった場合は、ピーリング治療、レーザー治療、注射治療、光治療、皮膚の移植手術などの方法での治療となりますが、クレーターの症状によってそれぞれ治療方法が異なります。

比較的に症状が軽いものであればピーリング治療が効果的となります。代表的なものにケミカルピーリングと言う治療法があります。

ケミカルピーリングは古い角質を取り除いて、肌の新陳代謝や生まれ変わりのターンオーバーを正常化させてくれる作用があります。

しかし、症状が重い場合にはそれぞれの症状に合わせた治療が必要となりますので、病院での治療が必要と言う事になります。また潰さなかった場合でもニキビが炎症を起こして赤い状態となり、なかなか消えない赤ニキビや炎症が起こった後の赤みが茶色のシミになる色素沈着などがあります。

この赤みが残ってしまうニキビ跡はビタミンC配合の化粧水や美容液を使えば薄くする事が可能となります。また茶色のシミになる色素沈着についても化粧水や美容液の他にピーリング剤を使用すれば薄くする事が可能となります。

この様に外側からニキビ跡を治療する方法が色々とありますが、内側からニキビを出来にくくする事も大切となります。それはビタミンの接種です。ビタミンCを接種する事によってニキビ予防となり、過剰な皮脂の分泌を抑えて、ニキビによる炎症を抑え、コラーゲンの生成を促してくれる効果があります。ビタミンCの接種にはレモンが代表的とされていますが、実はレモンにはそれほどビタミンCはなく、一番多く含まれているのはアセロラなどになります。

そして、ビタミンBを接種する事によって肌に潤いが出て、余分な油を抑えて新陳代謝が活発となり、ターンオーバーを加速させてくれます。ビタミンBの接種には代表的なものとしてはレバーがあります。

それでも人にはそれぞれ好みなどもあるので、食べ物では接種しにくいと言う場合には、サプリメントの利用がおすすめとなります。ただ、どんな事にも言える事ですが、過剰摂取は逆効果となるので注意が必要となります。

ビタミンCを過剰摂取した場合は、尿として排出されるので特に副作用の心配はありませんが、一方ビタミンBを過剰摂取した場合は、しびれや痒みが出る場合があります。それほど大きな副作用とはなりませんが、過剰摂取はしないよう様に気を付けた方が良い事に変わりはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>