コンビニでのくじ引き

その日は接骨院に行くことにしていました。
歩いて町内の1歩裏道を歩いていきました。
まずはコンビニによって、おにぎりとタバコを1カートン買いました。
すると姉さんが、いまくじ引きをやっているので、6枚引いてくださいと。
私はあまりくじ運が良くないので、どうせはずれだろうと思っていました。
箱の中に手を入れて、1枚1枚取り出しました。
すると姉さんが4枚と2枚に分けていました。
最低のものが2枚当たったのだろうと思っていました。
どうせティシュくらいだろうと思っていました。
すると姉さんが4枚あたっていると。
これは驚きですね。
商品はコカコーラが2本と炭酸水が1本、インスタントラーメンが1個です。
私としてはまあまあの当たりです。
しかし水物は重かったですね。

それを持って接骨院に行きました。
患者さんは一人いました。
先生は大変な買い物ですねと。
これはいまコンビニのくじ引きで当たったのだと。
先生に1本いかがですかと。
重くて仕方がないのですと。
すると先生がコカコーラを1本引き取ってくれました。
これで少しは軽くなりました。
宝くじでも当たればいいのにねと。

その後いつもの治療です。
今日の指圧は効きましたね。
患部を押されると痛いのです。
肩と腰です。
痛いということは、まだ完治していないということです。
先生は今日は凝っていると。
まだ当分通うことになるでしょう。

その後。重たい荷物を持って歩いて帰りました。
指が痛くなりました。
カミさんがびっくりしていました。
今度は宝くじを買いなさいと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>